中井不動産 > 中井不動産のスタッフブログ記事一覧 > 子育てしやすい賃貸の選び方とは?ポイントなどをご紹介

子育てしやすい賃貸の選び方とは?ポイントなどをご紹介

≪ 前へ|高齢者の方は賃貸物件を借りにくい?借りやすくする方法をご紹介します!   記事一覧   改訂されたハザードマップから見る明石市へのお引越し|次へ ≫

小さい子どもがいる場合、賃貸物件を探す際に気にするポイントが異なります。

 

子どもが生まれるのをきっかけに広い部屋に引っ越したいと考える方や、子どもが成長して手狭になってきたため住み替えたいと考える方は、どうすれば子育てしやすい物件が見つかるのでしょうか。

 

今回は子育てしやすい賃貸物件のポイントと、選び方のコツをご紹介します。


子育て


子育てがしやすい賃貸物件のポイント


ポイント①:1階がおすすめ

 

小さい子どもがいるうちは、どんなに注意しても足音や物音などで、騒がしくしてしまいがちです。

 

1階であれば下の階の住人に気を使う必要がないので、親も子どもも神経質になりすぎず生活することができ、騒音トラブルも避けることができます。

 

また、1階であればベランダからの転落事故の心配もないため、安全面でも安心できるでしょう。

 

ポイント②:収納が十分にある

 

子どもは成長が早く、育児用品や洋服など必要なものがどんどん増えていくので、荷物の整理も大変なものです。

 

収納が十分にあれば荷物を片付けるストレスも減りますし、子どもが部屋を散らかしても、来客時はとりあえずクローゼットに荷物を片付けておくという使い方もできます。

 

ポイント③:和室がある

 

小さな赤ちゃんがいる場合、和室だとオムツ替えをしたりハイハイをさせたりと、お世話が比較的楽になります。

 

また、子どもの落下を防ぐためにベッドではなく布団で寝るという家庭では、和室のほうが布団を敷いて寝るのに適しているでしょう。

 

子育てがしやすい賃貸物件を探すコツ


子育てしやすい賃貸物件を探すコツは、部屋の間取りや収納以外に、周辺環境もしっかりチェックしておくことです。

 

例えば、自治体によっても子育てに対する支援や待機児童の状況が異なるため、家賃が多少高くても保育園に入りやすかったり、教育費や医療費の助成を受けられたりする地域の方が、メリットが多いケースもあるでしょう。

 

また、病院や公園が近くにあれば便利なだけでなく、子育てファミリーが多く住んでいるエリアということになります。

 

同じような世帯が多ければ子育てもしやすいため、選び方のコツとして押さえておきましょう。

 

まとめ


子育てしやすい賃貸物件を探す際には、選び方に少しコツが必要です。

 

収納や階数などは2人暮らしと探す条件も違ってきます。

 

物件が気に入った場合でも、自治体の子育て支援や公園、病院などの周辺環境を、事前にしっかりチェックしておくことをおすすめします。

 

魚住の中井不動産では、ファミリー向けの賃貸物件も多数取り揃えております。

 

住まい探しでしたら、ぜひお気軽にお問合せください。

≪ 前へ|高齢者の方は賃貸物件を借りにくい?借りやすくする方法をご紹介します!   記事一覧   改訂されたハザードマップから見る明石市へのお引越し|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る