中井不動産 > 中井不動産のスタッフブログ記事一覧 > 一人暮らしの物件で黙って同棲するのはアリ?契約状況の確認が必要です

一人暮らしの物件で黙って同棲するのはアリ?契約状況の確認が必要です

≪ 前へ|明石市といえば安産と育児の神で有名な魚住・住吉神社   記事一覧   消費税増税前と増税後の家賃と課税される仲介手数料や引っ越し代について|次へ ≫

賃貸契約をしたときは一人で住むつもりだったけれど、状況が変わって恋人と一緒に住むことを検討している……という人は多いと思います。

 

今の家は賃貸契約を解除して、恋人と2人で住むための家を探すという人は何の問題もありませんが、今の家で恋人と同棲したいという場合は何か問題があるのでしょうか。

 

ここでは、一人暮らしの家で恋人と同棲したいという人に向けて、そもそも一人暮らしの家で同棲をしてもいいのか、黙って同棲をしたら問題があるのか、などを解説します。

 

同棲を始める前に、ぜひ目を通しておいてくださいね。

 

一人暮らしの家で黙って同棲はダメ?契約状況の確認を


一人暮らしの物件で黙って同棲するのはアリ?契約状況の確認が必要です


一人暮らしをするつもりで賃貸契約を結んだ後に、やっぱり同棲をしたいと思ったら、まずは賃貸契約書や重要事項説明書で、契約状況の確認を。

 

内容を確認して「2人以上の入居が可」とあれば、次は大家さんや管理会社に報告をするようにしましょう。

 

なぜなら、入居者の変更や追加をするときは、基本的に貸主(大家さんや管理会社)に報告することが義務とされているからです。

 

また、「2人以上の入居が不可」と書かれている場合は、残念ながら原則として同棲はNGです。

 

「黙っていればわからない」と思って無断で同棲を始めて、後からその事実がバレてしまったら、契約違反となってトラブルに発展することもあるので注意が必要です。

 

「愛着がある」「条件がいい」「更新したばかり」など、どうしても今の家で同棲をスタートしたい理由があるときは、大家さんや管理会社に、前提として住み替えも考慮して相談してみるのも1つの方法です。

 

あくまで可能性ですが、融通をきかせてくれるケースもあります。

 

一人暮らしの家で黙って同棲はNG!住み替えも考慮して相談を


前述したとおり、賃貸契約書や重要事項説明書には「2人以上の入居は不可」と書かれてあっても、大家さんの考えによってはすんなりOKになるケースもあります。

 

例外としてOKをもらえた場合は、後から「言った・言わない」にならないよう、書面を残しておくのがおすすめです。

 

いずれにせよ、黙って同棲するのが一番トラブルに発展する可能性が高いので、必ず相談するようにしてくださいね。

 

まとめ


当初は一人暮らしをするつもりで賃貸契約を結んでも、状況が変わって「恋人と同棲したい」と考えるケースは多いものです。

 

新しい家を2人で探すなら問題はありませんが、更新を終えたばかりや退去したくないといった理由がある場合は、契約状況の確認をしてから、管理会社や大家さんに住み替えも考慮して相談しましょう。

 

黙って同棲をしてしまうと一番リスクが高くなるため、それだけはしないようにしてくださいね。

 

私たち魚住の中井不動産では、魚住駅周辺の賃貸物件をご紹介しておりますので、気になる物件があれば当社までご相談ください

≪ 前へ|明石市といえば安産と育児の神で有名な魚住・住吉神社   記事一覧   消費税増税前と増税後の家賃と課税される仲介手数料や引っ越し代について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る