中井不動産 > 中井不動産のスタッフブログ記事一覧 > バス・トイレ別物件のメリットは?ユニットバスとの違いも紹介!

バス・トイレ別物件のメリットは?ユニットバスとの違いも紹介!

≪ 前へ|改訂されたハザードマップから見る明石市へのお引越し   記事一覧   明石市にある西部図書館とは?子どもが楽しめるイベントが盛りだくさん!|次へ ≫

バス・トイレ別の物件は賃貸のお部屋探しに挙がる条件の一つです。

 

浴室とお手洗いが別々になっているので、生活利便性が高く人気があります。

 

バス・トイレ別のお部屋のメリットをユニットバスと比較しながらみていくので、魚住でのお部屋探しの参考にしてくださいね!


バス・トイレ別物件のメリット:のんびり入浴できる


バス・トイレ別物件のメリットは、浴室に洗い場があって体を洗いやすく、のんびり入浴できることです。

 

浴室にトイレがあると、1度の入浴で体を洗う前後に湯船へ浸かることが難しく、のんびり入浴を楽しめません。

 

トイレと浴室がセパレートになっていれば体を洗うスペースを確保でき、何回でも湯船に浸かれる魅力があります。

 

洗濯物に残り湯を利用したい方にもおすすめですよ。

 

湯船に重点を置かず、バスとトイレの掃除を一気に済ませたいなら、ユニットバスの方がいいかもしれませんね。


バス・トイレ別物件のメリット:トイレを使用しやすい


バス・トイレ別物件のメリット


バス・トイレ別物件のメリットはトイレを使用しやすいことです。

 

浴室と別になっているので、トイレを使いたいときに入浴後の濡れた床を踏まずに済みます。

 

洗面台の利用にも同じことがいえますね。

 

また、家族や友人が遊びに来た際には、誰かが入浴中でもお手洗いを利用できるので便利でしょう。

 

自宅に人を招かず、湿気や濡れなどを気にしないのであれば、家賃価格帯の低くなるユニットバスでも十分かもしれませんね。


バス・トイレ別物件のメリット:小物の置き場に困らない


バス・トイレ別物件のメリットは、バスとトイレに置く必需品の収納に困らないことです。

 

一般的な単独の浴室には、シャンプーやボディソープ、掃除用品などの小物を置くスペースがあったり、ラックなどを置く場所を確保できたりします。

 

トイレに関してはトイレットペーパーを濡らす心配がないのが大きなメリットで、もちろん掃除用具の置き場も確保できますね。

 

トイレスペースに棚などが付属していなくても、突っ張り棒などで収納を増やせて、ストック用のトイレットペーパーなどを保管できるでしょう。

 

逆に居住エリアを少しでも広く使用したいなら、ユニットバスの方が水回りの専有面積が少なくなるのでおすすめです。


まとめ


バス・トイレ別の賃貸物件のメリットは、各設備を個別に使用したい方に有効的だということです。

 

ライフスタイルによってメリットがデメリットに働く場合もあるので、自身の生活を想像してお部屋の条件を考えてみましょう。

 

魚住は生活利便性と自然環境の揃った、住まうのにおすすめのエリアです。

 

賃貸の水回り環境をライフスタイルに合わせて、少しでも魚住での生活を快適にしてくださいね!


私たち魚住の中井不動産では、魚住周辺賃貸物件をご紹介しておりますので、気になる物件があれば当社まで相談さい

≪ 前へ|改訂されたハザードマップから見る明石市へのお引越し   記事一覧   明石市にある西部図書館とは?子どもが楽しめるイベントが盛りだくさん!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る