中井不動産 > 中井不動産のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸住宅にぜひ取り入れたい!コルクマットを使った手軽な防音対策!

賃貸住宅にぜひ取り入れたい!コルクマットを使った手軽な防音対策!

≪ 前へ|明石市が行うひとり親世帯への子育て支援事業とは?   記事一覧   一人暮らしには何が必要?必要ものリストと選ぶ際のポイント|次へ ≫
賃貸住宅に住んでいると、隣室や上下階への騒音が気になりますよね。

とくに子育て世帯では、子どもの泣き声や足音などに気を使っていることでしょう。

賃貸の防音対策にはさまざまな方法がありますが、なかでもコルクマットを使った防音対策がおすすめです。

コルクマットの画像


賃貸にコルクマットを導入しよう!防音対策としての効果や魅力は?


ワインボトルの栓などに使用されるコルクは、コルクガシの樹皮からできた天然素材です。

そのコルクに接着剤などを混ぜて広げたものがコルクマットで、ラグやマットのように使用します。

コルクには振動や音を吸収する性質があり、コルクマットを使うことで床や壁の振動として伝わる騒音をやわらげる効果があります。

また、コルクマットを使うことでフローリング床のキズや汚れを防ぐ効果も期待できます。

退去時に原状回復が求められる賃貸では、こちらも重要なポイントとなるでしょう。

手軽な防音対策!コルクマットを賃貸で使用するメリットとデメリット


賃貸の騒音対策に役立つコルクマットには、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

・メリット

コルクは植物でできているため、自然素材ならではの優しい風合いと気持ちの良い肌触りを楽しむことができます。

コルクマットの表面はサラッとしており、湿気や汗が気になる季節でも快適に過ごせるでしょう。

一般的なジョイントマットと違って化学素材を含まないコルクマットは、赤ちゃんのいる家でも安心して使えます。

多くのコルクマットは普通のジョイントマットより分厚くクッション性にも優れているため、万が一転倒してもケガの心配が少なくなるでしょう。

・デメリット

コルクマットのデメリットは、コルクのかけらが散らかりやすいことです。

マットが新しいうちは、掃除機やローラークリーナーなどを使ってこまめに掃除しましょう。

防音したいけれどコルクのかけらが気になる場合は、コルクマットの上からさらにラグなどを敷いてもよいでしょう。

また異なるメーカーのものを使うとうまくジョイントできなかったり、サイドパーツがついていなかったりすることが多いのもデメリットです。

なるべくメーカーを統一する、サイドパーツがセットになったものを選ぶなどして対処しましょう。

まとめ


近隣の人に迷惑をかけないためにも、賃貸住宅ではしっかり防音対策をしておくと安心です。

防音対策として手軽に使えて子どもにも優しいコルクマットを、ぜひ検討してみましょう。

私たち魚住の中井不動産では、魚住駅周辺の賃貸物件をご紹介しておりますので、気になる物件があれば当社までご相談ください


≪ 前へ|明石市が行うひとり親世帯への子育て支援事業とは?   記事一覧   一人暮らしには何が必要?必要ものリストと選ぶ際のポイント|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る