中井不動産 > 中井不動産のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件でもできる!キッチンの棚や壁を利用した収納レイアウト

賃貸物件でもできる!キッチンの棚や壁を利用した収納レイアウト

≪ 前へ|今年の夏は明石市の石ケ谷公園でバーベキューを楽しもう!   記事一覧   高齢者の方は賃貸物件を借りにくい?借りやすくする方法をご紹介します!|次へ ≫

原状回復の義務がある賃貸物件の場合、収納を増やそうと思っても、壁に穴を空けることができず、収納が増やせないと思っている方もいるかもしれません。

 

とくにキッチンは調理用具から調味料、食器といった様々なものを収納する必要があり、どんどん物が増えていくので乱雑な印象になってしまいがちです。

 

今回はそんな方のために、賃貸物件でも取り入れやすい、おすすめのキッチン収納方法やレイアウト方法を紹介していきます。


賃貸物件のキッチンでもできる!棚収納


賃貸物件 キッチンの壁や棚の収納術


1つ目のおすすめ収納方法は、もともとキッチンに付いている備え付けの棚や、現在使っている追加した棚を有効活用するという方法です。

 

食器には色々な形があり、同じ棚ですべてぴったりと収納することは難しいですよね。

 

たとえば、食器の背が低く上の空間がスカスカになってしまいスペースが余ってしまうときには、無印のアクリル棚などを置くことで簡単に2段の棚を作ることができ、空いているスペースを有効に活用できます。

 

また奥行きが深い棚の場合、食器を奥にしまうと取り出しにくくなるため手前に食器を置いておくと取り出しやすくなるでしょう。

 

奥のスペースが余っているのであれば、トレイやお盆などを敷いてから食器を収納すると簡易的な引出しになるので、奥にしまっている食器も取りやすい便利な収納を作れます。


賃貸物件のキッチンでもできる!壁収納


収納スペースを確保できるのは棚だけではありません。

 

壁を利用することで無駄なスペースを減らし、収納量を増やすことができます。

 

タイルの壁なら、吸盤付きのフックなどを付けることでお玉をかけることが可能です。

 

突っ張り棒に小さなフェンスを取り付けて、S字フックなどを利用すればさまざまなものを収納することができます。

 

壁を利用した収納は見せる収納になることが多いので、レイアウトやインテリアにもこだわって収納したいという方は、ディアウォールと呼ばれる木の突っ張り棒のようなものを利用して棚を作るという方法もあります。

 

これなら壁に穴を開けることなく新しい棚を作ることができますし、レイアウトのアレンジ次第でインテリアにもこだわることができるのでおすすめです。


まとめ


賃貸物件だからとキッチンの収納を諦める必要はありません。

 

もちろん賃貸ならではのさまざまな制約があり、思い通りにはいかないこともあるかもしれませんが、アイディア次第できれいに収納することは充分可能です。

 

スッキリとした収納にすれば、調理の効率も上がるので料理や片付けにも時間をかけずに済むでしょう。

 

魚住の中井不動産では、明石市の賃貸物件情報をご用意しております。

 

住まい探しでしたら、ぜひお任せください

≪ 前へ|今年の夏は明石市の石ケ谷公園でバーベキューを楽しもう!   記事一覧   高齢者の方は賃貸物件を借りにくい?借りやすくする方法をご紹介します!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る