中井不動産 > 中井不動産のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件での洗濯機置き場、室内?室外?どっちがいいの?

賃貸物件での洗濯機置き場、室内?室外?どっちがいいの?

≪ 前へ|CATV付の賃貸物件について   記事一覧   この秋注目!明石市にあるイオン明石ショッピングセンターのリニューアルオープン!|次へ ≫

一人暮らしをはじめるなら、必ず必要になる家電製品のひとつが洗濯機です。

 

家電の中でもかなり大きいものになるだけに、賃貸物件では専用の洗濯機置き場が用意されていることが一般的です。

 

洗濯機は、室内でも室外でもどちらでも設置が可能ですが、賃貸物件によっては、室内に洗濯機置き場がある物件、室外に洗濯機置き場がある物件、どちらも存在します。

 

賃貸では室内・室外、どちらに設置した方がいいのでしょうか?

 

今回は、両者のメリット・デメリットについて解説します。


賃貸物件の洗濯機置き場 室内にあるメリット


賃貸物件の室内洗濯機置き場


洗濯機置き場が室内にある最大のメリットは、何と言っても洗濯しやすいことでしょう。

 

いちいち外に出なくても洗濯できるので、雨の日や寒い時期でも、寒い思いをせずに洗濯できます。

 

また外に置いている場合に比べ、洗濯機が傷みにくいこともメリットです。

 

洗濯機は大きいだけでなく、決して安価な家電でもありません。

 

高機能な高級洗濯機など、できるだけ洗濯機を長持ちさせようと思えば、室外に設置するより、室内に設置した方が有利なのは明らかです。


賃貸物件の洗濯機置き場 室外にあるメリット


洗濯機置き場が室外にある場合は、洗濯の度に室外に出なければなりませんが、洗濯する際に水漏れしたりしても、部屋の中まで濡れてしまうことはありません。

 

ちょっとした水漏れ程度ならまだしも、地震・台風などで万一洗濯機が転倒したとしても、部屋の中は無事です。

 

また、室外に洗濯機がおける分、室内のスペースは広くなりやすいです。

 

屋内に洗濯機を置く場合に比べて、外に置く場合はこれが最大のメリットと言えるでしょう。

 

室外に洗濯機を置いた場合、取り入れたあとで、外でそのまま干すこともできます。

 

屋内設置の場合でもベランダなどに物干しがあればさして手間ではありませんが、屋外の場合、物干し場と近いというのもメリットです。

 

また一概には言えませんが、屋内の洗濯機置き場の場合、屋外に比べれば小さくなりがちです。

 

大きめの洗濯機を置きたい場合は、屋外に洗濯機置き場がある物件の方がいいでしょう。


まとめ


賃貸で洗濯機を内に置く場合・外に置く場合では、それぞれのメリット・デメリットがありますが、小さな洗濯機で干す洗濯物も少量といった場合は、内に設置した方が便利でしょう。

 

お部屋のスペースを少しでも広く確保したい場合や、仕事の都合などで大きな洗濯機を使う必要があり、洗濯物も多いのなら、外に設置した方が便利に使えるはずです。

 

後から「大きな洗濯機を置きたかったのに、外に洗濯機置き場が無い」といったことにならないよう、賃貸物件選びの際には、洗濯機置き場が内なのか・外なのかを、事前にきちんと確認するようにしましょう。

 

魚住の中井不動産では、賃貸物件をお探しの際は希望物件リクエストも承っていますので、お客様のご希望の条件をお教えください。

 

お客様のご希望条件の賃貸物件をご紹介いたしますので、ぜひ一度お問い合わせください
≪ 前へ|CATV付の賃貸物件について   記事一覧   この秋注目!明石市にあるイオン明石ショッピングセンターのリニューアルオープン!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る