中井不動産 > 中井不動産のスタッフブログ記事一覧 > CATV付の賃貸物件について

CATV付の賃貸物件について

≪ 前へ|賃貸の角部屋のメリット・デメリット!どんな人におすすめ?   記事一覧   賃貸物件での洗濯機置き場、室内?室外?どっちがいいの?|次へ ≫

お部屋を探していると物件情報の中に色々な記号があります。

 

CATV」もその一つですが、これはどのような賃貸物件なのでしょうか。

 

CATV付の賃貸物件とは


CATV付き賃貸物件


CATV」とはケーブルテレビの略で有線テレビのことを指し、「CATV付」と記載された賃貸物件は部屋のTV端子まで回線が引かれている物件のことを言います。

 

当初は地上波の電波が受信しにくい山間部や高層ビル周辺などの電波障害発生地域で難視聴解消のための措置としてCATVが使用されてきました。

 

しかし最近では多チャンネル化が進み、CATVの回線を利用して様々なサービスが提供されるようになりました。

 

地上デジタル放送をはじめ、BS(衛星放送)CS(有料放送)、ローカルチャンネルなどのテレビ放送はもちろんのこと、インターネットや電話サービスなどに対応しているのが一般的です。

 

入居者個人でインターネットのプロバイダの比較検討をして契約をしたり、工事の依頼をする手間がないのでお引っ越し後すぐネットを使える環境が整っているのは嬉しいですよね。

 

ただし、CATV付の賃貸物件と言っても地域の事業者によって提供されるサービスは一律ではありません。

 

どのようなサービスが受けられるのか、契約は入居者自身でするのか、また料金なども不動産会社に確認しておく必要があります。

 

CATV付の賃貸物件に入居することになったら


不動産広告にCATV付の賃貸物件と明記されているところは、テレビ放送は確実にCATVで見られますが、インターネット接続が必ずしも可能とは限りません。

 

インターネット設備ありと表示されていない場合は不動産会社に確認することをおすすめします。

 

無料で視聴可能なテレビチャンネルも、契約している事業者によって異なりますので、どんな番組が見られるのか、料金はどのくらいかかるのかきちんと確認しましょう。

 

利用チャンネルは後から追加できるケースもあるので、自分のライフスタイルや趣味、予算に合わせて契約することが大切ですね。

 

また短期間で引っ越しをする場合、移転手続きができずに解約するケースもあります。

 

その際に最低利用期間の設定がある場合は、違約金を請求されることがあるので注意が必要です。

 

まとめ


CATV付の賃貸物件を選べば、個別にテレビやインターネットを楽しめることが大きなメリットです。

 

ただし、入居する前にどこまで手続き不要で無料なのか、最低利用期間の設定はあるのか、利用開始の連絡や契約はどうすればよいのかなど、不動産会社にしっかりと確認してください。

 

魚住の中井不動産では、明石・魚住周辺の賃貸物件を多数取り扱っております。

 

不動産探しで何かご不明な点等ございましたら、お気軽に当社スタッフまでお問い合わせくださいませ。

≪ 前へ|賃貸の角部屋のメリット・デメリット!どんな人におすすめ?   記事一覧   賃貸物件での洗濯機置き場、室内?室外?どっちがいいの?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る