中井不動産 > 中井不動産のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸の入居審査はどこを見られる?通過しやすくするためのポイントは?

賃貸の入居審査はどこを見られる?通過しやすくするためのポイントは?

≪ 前へ|知って備えよう明石市の防災対策   記事一覧   賃貸の重要事項説明とは何?なぜ契約時に確認しなくてはいけないの?|次へ ≫

物件を探し、住みたい物件を見つけたら、不動産会社で入居のための申し込み手続きを行いますが、その後必ず行われるのが入居審査です。

 

賃貸契約は、「借りる側だけではなく貸す側の同意がないと成立しない」ため、入居審査に落ちてしまうと当然契約を結ぶことができません。

 

今回は、賃貸の入居審査のポイントについてご紹介します。


賃貸の入居審査について



賃貸で入居審査が行われる理由とは


入居審査が行われる理由は、賃貸物件は所有者である大家さんの資産であるためです。

 

入居者がトラブルを起こさないこと、そして賃料を毎月しっかり払えることの2点は、大家さんにとって最も重要なことです。

 

もし入居を認めた人がご近所トラブルを起こすような人だったら、その人と同じアパートやマンションに暮らすことを嫌がって他の入居者が出て行ってしまうかもしれません。

 

そうなると、大家さんとしては本来得るはずだった家賃収入の機会を失ってしまいますし、新しい入居者募集の手間もコストもかかります。

 

また、家賃の支払いが遅れたり何度も滞納を繰り返すような人では、大家さんの収入が安定しません。

 

そうしたトラブルを避けるため、「この人なら大丈夫だ」と判断するために入居審査が必要なのです。



賃貸の入居審査 基準はあるの?


入居審査には、全国的な基準はありません。

 

しかし、ほとんどの審査では共通して以下のポイントを見ています。

 

   支払い能力の有無

 

収入は、入居審査のポイントの中で最も重要視される項目です。

 

年収に対して希望する物件の家賃が高すぎる場合、いずれ生活費のやりくりが厳しくなって滞納するのではないかと懸念されます。

 

また、収入の安定性は金額だけでなく、入居希望者の職業や勤務先、さらにはカードローンなどの借入状況や滞納履歴も含めて判断される点に注意しましょう。

 

   連帯保証人の有無

 

連帯保証人は、入居者が家賃を滞納した時に代わって支払う責任を負うため、原則として家族や近しい身内に頼みます。

 

ただし、やむを得ない事情で連帯保証人が見つからない場合は、保証人不要の物件や保証会社を利用するといった選択肢を考えましょう。

 

また、連帯保証人の年齢・年収・勤務先なども審査対象となりますので、定年退職後の親などでは認めてもらえない可能性がありますのでご注意ください。

 

   入居希望者の人柄

 

いくら年収や連帯保証人のポイントをクリアしていたとしても、入居希望者本人が横柄な態度だったり約束の時間を守らないなどの問題があれば、審査に通りにくくなります。

 

この点は意外と見落としがちなので、ぜひ気をつけましょう。



まとめ


以上が入居審査を通過するうえで大切なポイントです。

 

上記のポイントにあわせて、誠実な態度をとることで、より入居審査に通りやすくなります。

 

これから賃貸物件を探す方はぜひ参考にしてください。

 

明石市で賃貸物件をお探しの方は、魚住の中井不動産までぜひご相談ください

≪ 前へ|知って備えよう明石市の防災対策   記事一覧   賃貸の重要事項説明とは何?なぜ契約時に確認しなくてはいけないの?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る