中井不動産 > 中井不動産のスタッフブログ記事一覧 > 一人暮らしの間取りの選び方【気になる家賃との関係は?】

一人暮らしの間取りの選び方【気になる家賃との関係は?】

≪ 前へ|明石市の救急対応病院の紹介   記事一覧   明石市が中核市となって変わったのはどんなこと?|次へ ≫

一人暮らしを始める時、どんな物件を選ぶかはその後のライフスタイルを決める大きな要素の一つと言えます。

 

一人暮らし向けの物件と一口に言っても、1R1LDKなど、間取りも様々、家賃も様々。


部屋の広さや設備も千差万別ですから、急に決めろと言われても困ってしまう事もあるのではないでしょうか。

 

今回は、一人暮らし向けの間取りと家賃、賃貸物件の選び方を紹介していきます。


一人暮らし

 

一人暮らしの間取り 1Rの物件


1R(R=ルーム)の物件は、一つの部屋の中にキッチンが備わっている物件で、一人暮らしを始める時に最初に選ぶ物としてはポピュラーな物件です。

 

シンプルな間取りなので、掃除や管理が簡単に住む事がメリットで、家賃も安く住む場合が多いですよ。

 

反面、キッチンを使った時に料理の臭いがこもりやすく、油汚れなどが壁につく事がある点には注意が必要ですね。

 

一人暮らしの間取り 1Kの物件


1K(K=キッチン)はキッチンと生活空間が分けられている間取りで、1Rよりも部屋の面積が広い物件が多いです。

 

明確な規定はありませんが、キッチンの広さは四畳半以下の事が多く、必要最低限の調理設備が設けられているだけの物件も多くあります。

 

1Rよりも家賃が高くなりやすいですが、生活空間と調理スペースが分かれているため、臭いの問題や油汚れなどを気にする事なく生活できる点がメリットですね。

 

一人暮らしの間取り 1DKの物件


1DKは、1Kの間取りに加えて、D=ダイニングがある間取りです。

 

1Kよりも更に部屋数が多く、調理スペースも広く取られている場合が多いです。

 

メリットとしては、生活空間が広々と使える事や食事スペースや生活スペース、寝室など用途ごとに部屋を使い分ける事ができる点が挙げられます。

 

デメリットとしては、やはり家賃が高くなってしまう事が挙げられます。

 

その広さのために掃除や管理に手間がかかってしまう点も一人暮らしには辛い所かもしれませんね。

 

一人暮らしの間取り 1LDKの物件


1LDKは、1DKに更にL=リビングがプラスされた間取りです。

 

多くの場合、LDK部分と、多目的な用途で使われる部分で構成されており、実質的に2部屋分の間取りとなっています。

 

多くの場合、ここまで紹介してきた間取りの中では最も家賃が高く、最も広い物件でもありますよ。

 

一人暮らし向けの賃貸住宅でもお客様を招きやすく、生活空間も十分確保できる事がメリットで、掃除などのメンテナンスが大変になる事がデメリットといえるでしょうね。

 

まとめ


一人暮らし向けの物件は、住む人のライフスタイルによって大きく居住性が変わってきます。

 

料理やおもてなしが好きな方なら1LDKが使いやすく、敷地を有効活用できるでしょう。

 

帰宅が少なく、料理などもしない方には、1LDKはメンテナンスに手間がかかる点では、それほどメリットが感じられないかもしれません。

 

一人暮らしの物件を選ぶ際には、自分がどんな生活を送りたいかと、家賃とのバランスを考えた上で、物件を探す事が重要だと言えるでしょう。

 

兵庫県明石・魚住周辺一人暮らしの賃貸物件探の方は、魚住の中井不動産までぜひご相談ください

≪ 前へ|明石市の救急対応病院の紹介   記事一覧   明石市が中核市となって変わったのはどんなこと?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る